金曜日, 2月 23, 2024

フリーランスが働く上で必須の仕事道具やおすすめのツール

エンジニアがフリーランスになると、これまで用意してくれていた設備や備品、機器などをすべて自分で用意しなければならなくなる。しかも仕事に必要な道具だけでなく、仕事を円滑に進めていくうえで役立つ道具もできるだけ用意しておきたい。
こうした準備は独立してからでは遅く、フリーランスで働く前でできるだけ揃えておくのが鉄則だ。

必須の仕事道具としてはもちろん、プログラミングなどのIT業界では欠かせないパソコンやソフトが挙げられるが、プラスデスクやチェアなど周辺環境を充実させる道具も挙げられる。フリーランスは在宅で仕事をする機会も多く、自宅をオフィス並みの快適な仕事空間にする意識も欠かせない。

長時間のデスクワークになることも多いため、快適に座れるチェアには十分にお金をかけたいし、デスクもスペースの余裕があるものがほしい。
こうした細かいところにお金をかけられるかどうかで業務の効率に大きな差が生じることも珍しくない。使いやすいキーボードや、腱鞘炎になりにくいマウスなどにも目を向けたい。

さらに、仕事の管理に役立つツールもおすすめだ。
フリーランスは自己管理能力も問われるが、すべて自分で行うのは大変だ。そこでタスク管理ツールやお金を管理するツールなどの力を借りることで、大幅に手間を省くことができる。
タスク管理を手書きのメモ帳で行うのと、ツールを使って行うのとでは雲泥の差で、確定申告などのお金の管理をツールで行えば、面倒な手続きの手間なども大幅に短縮できるだろう。
ほかにも、画像や文章作成をサポートしてくれるツールなども揃えておくと、仕事の効率アップに役立つのでおすすめだ。