土曜日, 7月 20, 2024

よくあるシステムエンジニアが抱えやすい悩みとは?

システムエンジニアが抱えやすい悩みは、大きく3つのタイプに分けることができるだろう。
まず自分のスキルや立ち位置に関する悩み。新しい技術や概念が続々と登場するIT業界だけに「今の自分のスキルで大丈夫なのか」という悩みがどうしても付きまとう。
この悩みに関しては日々自己研鑽を心がけることと、仕事で実績を重ねてより上流工程に関われる環境を目指すしか解決方法はない。

そして、給料や勤務環境に関する悩み。要するに「もっとよい環境・待遇で働きたい」というわけだ。この悩みに関してはよりよい職場への転職を目指すか、自身のキャリアパスを見直してみたうえで、将来の自分にとって本当に必要なスキルや、自分の能力が活かせる職場などを見直し、転職や異動願いなどを検討してみるべきだろう。
すぐに離職・転職に走るのではなく上司や会社と相談してみるのもよい。

そして3つ目は職場にうまく馴染めない悩み。とくに人間関係の悩みを抱えがちだ。しかもシステムエンジニアの場合は社内だけでなくクライアントとの信頼関係の構築も重要になるため、人間関係の構築に苦労させられることが多い。

この点はコミュニケーション能力を磨くこと、相手の話に耳を傾けること、そしていつも心に余裕を持って人と接することが重要だろう。納期が迫っているなど余裕がないときに同僚がミスをしたり、予定が狂ったりするとどうしてもイライラしてしまうもの。
そうした振る舞いを避けるだけでも人間関係の構築がずっとスムーズになるはずだ。