SoA

カメラ・オブスキュラ 〜シキのサトCut〜

「カメラ・オブスキュラ〜シキのサトCut〜」イベントについて

「四季の郷クラフトフェア」の会場内で、トラックのコンテナを暗室として活用し、来場者が無料で参加できる体感型アートイベント。

カメラ・オブスキュラはカメラの始祖とも呼ばれ、その原理は紀元前から知られており、15世紀以降大小様々な大きさのものが作られてきました。

暗室を使った巨大なピンホールカメラと同じ原理で、開口部の穴を通過した光により景色が反転して写し出されます。

当日は段ボールで手軽に作れる「モテる!カメラオブスキュラ」ワークショップ(要:材料費500円)も併催いたします。

参加したい!

和歌山・山東まちづくり会主催の「四季の郷クラフトフェア」で開催します!

【日時】
2012年 4月14日(土), 15日(日)
【場所】
四季の郷公園 芝生広場 (和歌山市明王寺85)
» 四季の郷公園HP

「モテる!カメラ・オブスキュラ」ワークショップ

トラックのコンテナでカメラ・オブスキュラを体感した後は、実際に作ってみよう!

段ボールで作ってより手軽に楽しめる、「モテる!カメラ・オブスキュラ」作成ワークショップもあわせて開催します。

【参加費】
500円(材料費)
【対象年齢】
小学生以上
【注意事項】
※ワークショップ時はカッターナイフや画材などを使用します。刃物によるケガや衣服などへの汚れには十分ご注意ください。